FC2ブログ
仕事に行って2か月
2015 / 05 / 28 ( Thu )
仕事に行って二か月。




忙しい・・・。






それは、自分で選んだ生活なんだけれど。。。
これでいいのかと、毎日揺れる。




その、「忙しい」の内訳は、100%業務で。

今は、夫が主夫をしてくれているから。




家事、ほぼノータッチ。


思えば、夫は仕事しながら、洗濯物干してくれたりしていたのに。
ゴミ出しだってしてくれていたのに。

私はほぼできていない。



まあ、言い訳すると(笑)、夫が仕事に行っていた頃は私は授乳中だったので毎晩何度も起きていたというのもあるし、お姉ちゃんがまだ在宅だったので、常に24時間3人べったりだった。
昼間、どこそこへ行こう(買い物やら公園やら支援センターやら色々)と誘うもうまくいかなかったり、逆に毎日「今日は何して(どこに連れて行って)過ごそうか」と考えたり、忙しいというかなんというか、それなりに大変ではあった。


今夫は主夫生活をしてるわけだけど、私が家に居た時とは大きく違う。

違うところ その1
平日お姉ちゃんは、8時半から2時半までいない。
           ↓
洗濯とか、皿洗いとか、お姉ちゃんが幼稚園行ってる間にできる。
あと、これが大きいんだけど、弟くんしか家に居ないから、一人育児!
つまり、弟くんさえ寝れば、料理でも休憩でも、大人時間が持てる!!

私が家に居た時は、たとえ弟くんが寝ても、お姉ちゃん寝なかったからなー・・・


違うところ その2
弟くんは授乳の必要も、離乳食の必要もない。食べ物の硬さと大きさだけ気を付ければ、ほぼ大人と同じで大丈夫。
私は仕事復帰の2か月前までは授乳していたので、そこは大きく違うよなあ。


違うところ その3
相変わらず、夫は夜中は起きない。誰が泣こうと(笑)。

つまり、しっかり自分の睡眠をとれた状態で朝が始まる(笑)。


仕事に行ってようと行っていまいと、どちらが仕事に出ていようとも、夜中の対応は私(授乳でなくても)。




などなど・・・。




そんなわけで、本当に仕事しかしていない私。。。



つまり、子どもを産む前、大人二人で共働きの時よりも楽してるともいえる。

だって、家に帰ってきたら、夕飯できてるんだもの。

残業して遅くなった日にいたっては、すでに父子3人で食べてくれてるんだもの。







私が仕事から帰ってすることは、自分が夕飯を食べることと、子どもたちをお風呂に入れて、寝かせることくらい。




大体19時前に帰ることが多いので、帰ってくるとこんな感じ。↓



1 自分夕食。もし子どもたちもまだなら一緒に食べて、主に弟くんに食べさせる。

2 入浴。日中子どもたちに会えない分、私が子どもたちと入ることが多い。
  疲れすぎてると、父子三人で入ってもらって、私がお風呂でゆっくりさせてもらうことも(鬼嫁。。。)

3 たいていお姉ちゃんからおやつ要請があるので、フルーツとかヨーグルトとか食べさせる。
  ただし、お姉ちゃんが夕食を残している日も多々あり、「デザート欲しかったらご飯食べてよ」と説得し、食べさせるのも多々あり。
  「あ、そろそろデザートですか?」 と感づいた弟くんが、テーブルによってくるのをあしらいつつ(時々泣く…)、とにかくお姉ちゃんに先に食べさせる。
  お姉ちゃんがちゃんと食べたら、二人にフルーツとかを出す。

4 21時前後に寝室に連れて行く。
  子どもたちが寝るのが22時くらいになってしまうと、私もそのまま寝てしまう。
  21時半までに寝てくれると、一旦起きて大人時間にすることもある。(←めったにない)

5 朝は5時くらいに起きて、5時20分から一時間くらい必死で仕事する。
  6時20分くらいから朝ご飯を食べる。
  だいたい、夕飯が多めに作ってあって、朝も同じものを食べるので、私は一日を通して本当に料理をしていない。
  夕飯の残りがないときだけ、この朝の仕事の前に料理する。

  幼稚園は週1お弁当だけど、完全に夫の仕事になっている。
  ちゃんとお姉ちゃんの食べられるもの(卵焼きとかトマト、ソーセージ、コロッケなど)でつくってくれている。ありがたい!
  そして、今まで毎回、完食!!
  ただし、男の料理っぽく、フルーツなどは一切れも入っていないようだ(笑)。
  今のところ、お姉ちゃんはお友達のお弁当の中身など気にする様子は皆無。
  お弁当日の前は、「明日はブドウ一粒入れてあげたら~?」と夫に声はかけているが、多分フルーツ入ってることはない。
  遠足の日だけ、私がフルーツだけを詰めたお弁当箱を用意しといた(ご飯部門はお願いねと任せた)



そして、朝は6時45分に家を出たいと思いながら、まあ5分は遅れるのが常。
  
家を出る時は、子どもたち、起きてる日と起きてない日がある。

一方の子だけが起きてることもある。



職場までは40分弱。


道中長いので、「コーヒー飲みたいな~。コンビニ寄りたいな~」と思いつつ、仕事が溜まってて一刻も早く職場に着きたくて、寄れないことが多い。

気分が落ちてる時など、仕事溜まってるけど、コンビニ寄る日もある。




仕事のこと、家のこと、書きたいことはいっぱいあるけどとりあえず長くなるのでここまでで。
スポンサーサイト



06 : 11 : 35 | 弟くん1歳、お姉ちゃん3歳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あと一日
2015 / 03 / 30 ( Mon )
明後日から仕事に行く。

だから、明日一日で、私の24時間育児が終わってしまう。

まだ弟くん小さいのになあ。

お姉ちゃんの方はさすがに、もう大丈夫というか、たとえ明後日仕事がなくたって数日後には入園なわけで、こんなに小さいのにかわいそう…みたいな気持ちはないんだけど。



仕事の時間に追われずに、ひがなのんびり過ごすのはあと一日かあ。

何しようかなあ。



おりしも、結婚記念日でもある。



明日は区切りの日。


私にとっては、3年9か月の産休育休が終わる。

夫は明後日から育休生活へ入る。

お姉ちゃんも、(入園式はまだ少し先だけど)年少になる。


お寿司くらい食べようかな~(笑)。




産休育休の間にしたいと思っていた、仕事にkんする勉強とかは本当に、全くできなかった。



できた事といえば、ただひたすら、子どもたちと過ごしただけ。


その中で、自分がいかに育児でイライラしているか、それは子どものせいじゃなくて、自分の捉え方の問題であることとか、自分に余裕がないといかに育児に悪影響化ということを度々味わった。


自分の考え方の癖とか、悪いところか、そういうこともよく考えた。


それは仕事の上でも大事なことのような気がする。



産休育休に入る前に想定していた勉強は全然できなかったけど、もっと根本的なことは(少しは)学べた気がする。

それしか成果がないともいえるし、それが大きな成果ともいえる。



4年近く休んで、すっかり職場も様変わりしているだろうし、復帰後は即戦力になれるまでにいろいろしんどいこともあるかもしれない。



でも、この休みを経た自分がまた仕事をできるというのは嬉しいし、ありがたい。




これからも育児は続くわけだから、育児生活は終わりじゃないけれど。

子どもたちを育てることももっとうまくなりたいし、仕事も今までよりもっと心地よくこなせるようになりたいなあ。


時間的には、子どもをもったことで制約も増えるし、残業もしにくくなるし、今までより仕事をこなすのは大変かもしれない。


それを、大変と感じるか、もっと柔らかく受け止められるか。
そいういうこと(自分の感じ方、ものの考え方)この産休育休の間に、少しは前進した…といいな(笑)。


冷静な時は、いろいろ大丈夫なんだけどね。
すぐ、いっぱいいっぱいになっちゃうし、せっかちなのかな。。。
結果を求めがちというか。。。


なかなか自分を変えるのは易しいことではないけれど、自分の傾向をつかめたこと、ここをこのように変えたいというポイントを見つけられたことはよかったかな。

仕事しながら育児も、育児しながら仕事も、そういうソフト面、メンタル面を大事に、ていねいにやっていきたい。
22 : 45 : 11 | 弟くん1歳、お姉ちゃん3歳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
復職直前
2015 / 03 / 26 ( Thu )
いよいよ復職直前。本当にカウントダウン。

これからどれだけブログ書けるんだろう。むしろ、書けないと思っていた方が良いのかな。。。



お姉ちゃんとの関係は、若干改善…かしら(笑)。




私と母の関係はちょこっとよくなったような。良かった。




弟くんは相変わらずかわいい存在で、先日は初めての一時保育で泣いてくれたのがまたかわいくて(笑)。
先生に預ける時に一泣き、それからずっとご機嫌で遊んだり昼寝したりおやつをいただいたりして、迎えに行ったら、数秒私の顔を見つめた後一気に泣き崩れて。
かわいすぎ~!



お姉ちゃんの方は、すっかり自分が何のためにどこに預けられるのか理解していた。
(復職前だけれど、どうしても職場に行く用事があった。いつもは子連れで行ってしまい細々用事をこなすんだけど、今回はそうもいかず)

だから、一時保育の日は朝から不安定だったし、保育園に行くのは嫌がった。
でも、なだめたり元気づけたりしながら保育園に連れて行き、いざ保育園のそばまで来てしまえば、覚悟はできたみたいだった。

別れ際も泣かなかったし(慣れている保育園だったのも大きい)、迎えに行っても落ち着いていた。

給食の野菜は残していたけれど、おやつで出たひじきのガッツリ入ったケーキのようなもの(?)はおかわりしたのだとか。。。
うちではありえない~(笑)。

ひじき、見た目だけで拒否してるからなあ。

給食残したし、相当おなかすいたんだね(笑)。

こりゃ、幼稚園も、おなかすけば給食いけそうだね。






私はずっと、のらりくらり、のんびりとやってきたけれど、今週くらいからにわかに忙しくなった。

職場に行って書類を整えたり、ご挨拶したり。
4月1日に持参せねばならない書類もこれから整えなければ。

加えて幼稚園の名前書きとか、ランチマットづくりはまだ終わっていない(ランチマットだけは縫うことにした)。


しかし、今まで仕事していて、4月1日に出す書類って、3月末に配布されたら、他のその他諸々の仕事をこなしながら、細かい空き時間でちょこちょこ記入して整えていたけれど、家にいると思いのほかできない!

子供たちにちょろちょろされながら記入するのは嫌だし~!



4月からは生活がガラッと変わる。

どうなるんだろー。
22 : 46 : 11 | 弟くん1歳、お姉ちゃん3歳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりの日記
2015 / 03 / 07 ( Sat )
こんなに長い間、日記を書けなかったのはいつぶりだろう。

全く書かなかった訳でもなく、書きかけては子どもたちが途中で起きてそのまま下書き保存とか、書いたけどいまいちすっきり書ききれずに非公開で保存とかはしていた。

でもやっぱり、書く頻度はものすごく減った。



お姉ちゃんが昼寝しないことが多いし、その割による寝るのも遅いし、パソコンを開く時間がない。

たまに早く寝たとしても、貴重な時間過ぎてパソコン以外にもやりたいことが盛りだくさんで。

いや、正確には、やりたいこともやらねばならぬことも盛りだくさんなんだけど、とにかく何もしないでボーっとしたいというのが一番かも。。。





---


ここ最近強く思うのは。


お姉ちゃんも三歳半になり、元から(片言レベルの1歳さんのうちから)口は達者な方だったのだけれども、拍車がかかり。

知恵もつき。

私の叱ることを聞いてくれるようにもなったけれど、同時に口答えというか、彼女なりの言い分も発達してきていて。



でも、理解力も上がっているため、私のいうことも聞けるようになってきている。


良くも悪くも。

叱ること、私が不機嫌になってしまうことが、いい意味でも悪い意味でも、彼女には通用してしまうので、私が怖いから言うことが聞けている部分が目立つようになってきた。



おもちゃが大事だから片付けるのではなく、私に怒られるから片付けるとか。

もう全部片づけた?床に落ちてない?落ちてるごみはお母さん捨てちゃうよ。という脅しが効いて片づけたりとか。

そういう日々を繰り返していたら、「お母さんにおもちゃをつかまえられないように(捨てられないように)、私がしまわなきゃ」と言っているのを聞いたりとか。。。(ToT)




○○しないなら、○○もしないよ、というような交換条件みたいなもの効くようになった。良くも悪くも。


彼女がそういうことを理解し、実行できるというのは成長でもあると思うし、いい面もあると思う。

私が彼女のそういう成長に甘え、本来もっと冷静にしかったり諭したりするべきところを感情的に叱る(というより怒る、切れる)ことで済ませてしまっているのは悪い面。








こういう自分をなんとかしたくて。




それでよく思うのは、まずは私自身が私の実母を許すというか、受け入れることが大事なんだろうな、ということ。




完全に許したり、完全に理解するのは無理だと思うし、無理にしなくてもいいとは思っている。

今は距離を置くことで、(表面上は)穏やかなわけだし、それはそれでいい方法だと思う。

それをもう一歩踏み込んで、もう少し私が、実母に対して寛容になれると、お姉ちゃんへの育児もまた少し、マイルドにできるかもしれないと思っている。(ちなみに、弟くんの方は1歳になったばかりでかわいい盛り。イライラ、切れる対象ではないので、こちらは特に悩んでない)




それから、子どもに何かさせたい時、嫌だのやらないだのワーワーと言われることは多々あるけれど、別に言わせておけばいいんだろうな、というのもある。


何とか納得させたくて、「だって○○しないと困るでしょ。やらないなら、お母さんも一緒には遊んであげられないよ。」みたいに脅しつつ何とか本人の口から「わかった。やる」と言わせたくなってしまっている気がする。


最終的にしぶしぶ従うこともあるけれど、それも十分理解した上での従いではなく、その場の雰囲気上従うしかなくて、私が怖くて、というのが大きいと思う。(そんな理由でも従えるのは成長と言えば成長なんだけど)



でも別に、例えばトイレ行かないとか、着替えしないとか言われても、いちいち本人を納得させるまでこちらが躍起にならなくてもいいかなあ、と。
本人を何とか納得させようと私の語気がどんどん強くなるだけなので。
下手すると、切れるし(私もお姉ちゃんもたがいに…)


そんな、一日に何度もたがいにきれあうよりは、ハイハイハイ、嫌なのね~と流しつつ、でも嫌でもやらせてしまう(いやなのか~わっはっは~、じゃあ抱っこでトイレまで行っちゃおう~みたいな軽いノリで)

トイレまで抱いて連れてっちゃうとか、着替えも半ば強引にはじめちゃえば、途中までやり始めれば本人も続きを自力でやる方へ気持ちを動かせるし。

とっかかりが下手なんだろうな。お姉ちゃん。(というか、三歳ってそんなもんかもしれない)

それを一生懸命に、だって今何時でしょう、トイレ行くよ。おしっこ出ちゃうよ。今行けばえらい。行かないならじゃあお母さんはお姉ちゃんと遊ばない…などとあれこれ言い合うよりは、

「本人が納得してないから何なんだ」「それは私の切れる理由ではない(本人納得してなくても私は母親として気にしなくていいし、恥じるところ、責められるところではない)」と思って、かるーくかるーく、ゆるくゆるくやった方が、自分の精神衛生上もいいし、お姉ちゃんにも然り、、、な気がする。

でもこれがまた、なかなかできないんだけどー(*_*)


でもこの、「本人が納得してないから何なんだ。気にするな。」は、最近の私の合言葉。


あと、もう一つ合言葉があって、「誰も私を責めてない」 (^_^;)



これは、特に余裕がないとき、焦ってるときとか、うまくいかないときとか、つい、「お姉ちゃんが○○するから」とか、「お父さんは全然わかってない」とか思ったり、ひどいときには口をついてしまうのだけれど(*_*;

違うんだ。

私が一人で焦ってるだけで、だれも私を責めたりしていないのに、私が勝手に責められているかのような気持ちになってるだけなんだ…と。

冷静になるたびに思うんだけど。


日に何度も、攻撃的な自分になってしまうこともあって。


反省反省、また反省、の日々。







あまりにも毎日うまくいかなくて、「三歳児 育児」で検索していくつか読んでみて、心に残ったのが、



赤ちゃんのうちは、とにかく世話して、本人の気持ちを満たしてあげていた母親から、しつけもする母親に変わるとき。

今まではただひたすら愛してあげればよかった。

3歳にもなると、しつけもせねばならず、本人の耳に痛いことを言わざるを得ないこともある。

そういう育児では、これまでの「ただひたすら愛する母親」だけでなく、「一人の大人としての母親」、「こどもにとって一番身近な大人として、どんな大人像を子どもに見てほしいか」という、私が母親という以前に(?母親であると同時に?)一人の大人としてどうありたいか、を考えればいい。



というもの。




ついつい、子ども相手だと、感情100%でぶつかってこられる分、こちらも理性が飛んで感情で接してしまいがちだし、相手は家族、それも自分の子どもなので遠慮がないというか、お互い、言い分を、ぶつけてぶつけてになってしまいがちだけれど。



友人相手だったらありえないような剣幕…


いやいや。私が子どもに見せたい大人像って…こうじゃない…





完璧な母親にはなれないし、完璧であろうとは思っていないけれど。




しょっちゅうお姉ちゃんにきれちゃう自分をもう少し何とかしたいなーって思っています。。。
00 : 40 : 59 | 弟くん1歳、お姉ちゃん3歳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
久し振りの発熱
2015 / 02 / 09 ( Mon )
午後、夫がお姉ちゃんを連れ出してくれた。

弟くんと二人、まったり~♪

ホームベーカリーでパン焼いたり、弟くんの好物の芋を煮たり。

煎り豆腐を多目に作ったり。常備菜に。

ジャムも作りたかったけど、さすがに弟くんが遊んでくれと言うので諦めた。




そのわりに動かないなあ、お姉ちゃんいなくて退屈かな。。。と思ったら、夕方には発熱。
夜には38.7℃。


あまりにもいつも通りによく食べるので、最初、熱に気づかなかったよ(^_^;)

昼寝後にいつもより泣いて、座って膝枕したままなぐさめていたら、そのまま二度寝したから、今思うとこの頃から熱があったんだろう。


野菜も魚もパクパク!

食べさせながら熱を測ったら思った以上に高く、かわいそうになり、急遽リンゴをすりおろしたり。


たくさん食べられたのは安心な反面、熱が高いのにいっぱい食べているのは夜中に嘔吐が怖い。
という訳で、バスタオルを引いて寝かし付け。



たくさん食べられているし、たくさん寝られているので、この勢いでさくっと解熱するといいなあ。




前日、お姉ちゃんの幼稚園の説明会に連れていったから風邪とかもらっちゃったかなあ( ´△`)
00 : 23 : 34 | 弟くん1歳、お姉ちゃん3歳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ